陣馬形山2017/03/28 20:04





3月28日(火) 快晴 後曇り



伊那の陣馬形山

  メンバー: 遠藤、田中、保田

 予てより計画していた陣馬形山だが、やっと、その日が来たと 前日の昼に、二人に連絡をして、決行となった。
 天気予報は終日晴れ、であったが、午前中の快晴から、午後からは曇りに変わり、下山して、日帰り温泉に入っていたら、雪がちらついてきた。
 我々にとっては、大変、恵まれた天候であった。これまで待った甲斐があったというものだ。



今回の山行トレース





 早朝6時には八王子ICに入り、中央道の駒ケ根ICで降りて、一路、陣馬形山登山口へ。ここまで、雪はなく、順調に来れた。
 今回、スノーシュー登山を期待したが、雪は少なくて、車に置いていく。

 緩やかな登山道を快調に登る。山頂に近づくにつれて積雪は増したが、10㎝ぐらいで、吹き溜まりでも2,30cmほど。

 登山の途中からも、空木岳などが見えていたが、山頂直下の北側展望台からは、南アルプスの山々が、どん・どんと迫力のある姿を見せてくれる。

 そして、真っ白な山頂へ。山頂には我々3人だけの足跡しかない。

 ここの展望は、他と比べようもないほど素晴らしい。 中央アルプスの全山、南の恵那山、北の経ヶ岳までのすべてが一望である。
 振り返ると、これまた、南アルプスの峰々が、その岩と雪のコントラストが素晴らしく、それぞれが山の大きさを誇っている。
 特に、仙丈岳の大きさに圧倒され、塩見岳の三角錐のどっしりとした姿が印象的だあった。見慣れた東側からの山容とは大違いだ。

 山頂にある、望遠双眼鏡は無料!! 宝剣岳の下の千畳敷カールを登っていく人々が見える。この光景は感激ものであった。



中央アルプスの宝剣岳・千畳敷カール





南アルプスの仙丈岳





南アルプスの塩見岳





 今回の山行は、本当に天候に恵まれた素晴らしいものであった。  山頂での昼食は、中央アルプスを目の前にしながらの贅沢なもので、コーヒーが本当に旨かった。

 下山を始めたら、孫を連れた男性の1組と、その後、子供2人を連れた5人の1組と逢っただけ。
 また、この雪の季節に来てみたい山であった。よかった!!





雨ヶ岳2017/03/12 08:46





3月11日(土) 曇り時々晴れ

  メンバー: 遠藤、保田

雨ヶ岳

 遠藤さんからのお誘いで、本栖湖近くの 「雨ヶ岳」 へ行ってきた。
 土曜日なので高速道の渋滞が心配されたが、結果的には、往復ともに問題無し。

 朝6時に遠藤さんの迎えの車にて出発。天気は曇り。(予報と違う)  でも、高気圧が来てるので、晴れるはず。
しかし、本栖湖に近づくにつれて、雪がちらつき始めた。気温は、-2℃と、道路標識に出ていた。



トレースログ





 国道にある 東海道遊歩道 の入り口から入る。ここからは山梨県から静岡県になる。
 まずは、端足峠の稜線を目指して登る。端足峠は、本栖湖へ下る道、竜ヶ岳へ登る道、そして雨ヶ岳に登る道が交差する十字路である。

端足峠の先からの 竜ヶ岳 





 急登の上の 小平地(小さな上部平地) の手前で、アイゼンを履く。
これまでの雪が解けて、また、凍ってで、ツルツルの斜面。その上に、うっすらと今日の雪が積もっている。

途中の稜線から、富士山は秀麗な姿を見せてくれる。また、北側の枝越しに 八ヶ岳 が見え隠れして、 更には、金峰山や南アルプスの白い峰々 も見える。晴れてきたのだ。





 雨ヶ岳山頂手前ですれ違った単独行の若者は、下部温泉の方から来たとのこと。ご立派。
 山頂は、南側の展望はよいが、北側は樹林で展望は無い。

 昼食の支度を始めたら、中年の夫婦が登ってきた。こちらも昼食の支度を始めた。

 昼食をしながらの 富士山展望。その山頂は両端がちょっと立っている。白山岳と剣が峰の様だ。



山頂からの 霊峰 富士山





 今回は、スマフォのアプリで、 「コンパス」を初めて使用した。これで登山届けと下山届がオンラインでできる。
これで、家族に、登山時と下山時の連絡が自動で同時に出来てしまう。いいね!!



 







高尾山 稲荷山・蛇滝2017/02/26 17:09



 2月26日(日) 晴れのち曇り

 いつもよりも大分遅くなったが、9時に家を出た。朝は富士山は見えていたのだが。

  山行トレース
    合計距離: 11.72km
    累積標高(上り): 687m
    累積標高(下り): 737m





 稲荷山コースで高尾山へ。さすがに人出が多い。もう、富士山は見えなかったが、南アルプスの 塩見や農鳥が白く輝いてよく見えた。

 もみじ台で昼食。ここは改修工事中でぬかるみが砂利敷になって、快適になった。
 蛇滝コースで下山して、高尾梅郷を見に行く。蛇滝口の辺りは、まだ、咲き初めである。甲州街道に出る辺りは満開で、甘い香りが漂っていた。







 さて、ここから甲州街道を通って、高尾駅、または、高尾山口に行くのだが、今回は、山道を経て、金毘羅山を超えて、高尾駅方面へ



金毘羅山の上には神社がある。



神社を降りたところにトイレがったのだが、ここの男子トイレはこれ
いたって簡素であるが、注意しないと後ろが無い。





 高尾駅近くで、電車から見えて、いつも、気になっていた黄金色の塔を見に行った。  「高尾みころも霊園」  と、言うところであった。塔の前には池があって、鯉が沢山いた。





 トレーニングとしては、良い汗をかいて、ぐっすり寝れそうである。



菜畑山・赤鞍ヶ岳2017/02/23 07:57



2月22日(水)  晴れのち曇り

 メンバー: 遠藤、田中、保田

 移動性高気圧を狙って、道志山塊の菜畑山に行ってきた。
今回は、ついでに赤鞍ヶ岳(朝日山)を回って来た。

 6時に日野を出て、道志村の役場に7時半ごろについた。しかし、ここの駐車場には停めがたく、先にある公営トイレの脇に止めたが、ここは私有地だった。でも、店の主人が停めて良いと言ってくれた。

 仕度をして役場近くの朝日山登山口から登山開始。最初から急勾配の登りだ。入道山を巻いて、赤鞍ヶ岳に着く頃にはそれまでの青空は、天候の変化が速くなって、雲が出始めた。



 ブドウ岩の頭で昼食。そこから更にきつい登りを経て、菜畑山へ。残念ながら、富士山は見えない。近くの丹沢の 鳥の胸山、加入道山や先月に登った 今倉山などは展望できた。



山行ルート

合計距離: 11.41km
累積標高(上り): 1032m
累積標高(下り): 1012m


このログは ウォッチGPSのログを使用





春遠からじ2017/02/08 12:33


2月8日(水) 晴れ

 明日は雪か雨か、まだ寒い日が続くが、我が家の冬越しの花々が、咲き始めました。

 写真の花は、シンビジューム類だと思っています。香りはありませんが、ピンクとミドリの花できれいです。
そして、黄色のフリージア と、白のシクラメンです。

 香りのよい、 キンギアナム(デンドロビューム原種) は、まだ、3階の室内にあって、花芽が出始めたところです。今月末頃には咲きますかね。

 あまり手をかけていませんが、毎年、「もうすぐ春ですね!」の楽しみを与えてくれます。