花の入笠山2018/06/14 15:01


山行記録    入笠山(1955m)

2018年6月13日(水)   晴れ

メンバー    鶴田、太田、渡邊、保田

 恒例となった 春の山旅 ですが、今年は入笠山へ。
 孫の世話・健康体操などで忙しい皆の都合と、天気予報で梅雨の晴れ間を狙い、13日に決行。

 7時前には八王子を出発。順調に諏訪南ICを降りて、鈴鹿ナンバーの車について、富士パノラマの駐車場へ8時半頃には無事到着。オオー!混んでるなー。
 仕度をしてゴンドラに乗り込む。乗車券には、山野草のプレゼントのおまけ付き。ソフトクリームを300円の割引券も貰った。


 今回のルートは次の通り。また、標高グラフも付けました。





 さて、
ゴンドラ山頂駅を降りて、登山口を9時過ぎに出発。早速、「釜無ホテイアツモリソウ」の実験園を見て、2年ぶりにお目にかかった。以前よりも多くの花に遭えた。アカノラ山に登ると、 「ニッコウキスゲ」「アヤメ」などが咲いていた。
 






 入笠湿原に回り込む登山道の脇には、小さな花の「マイヅルソウ」や「エンレイソウ」が目に入る。
そして、 「ササバギンラン」が咲いていた。高尾山で見た普通の「ギンラン」よりは大きい。



 入笠湿原に入ると、早速、 「スズラン」がお出迎え、その中に
「クリンソウ」も咲いていた。




 真っすぐに、山彦荘の「花壇」に向かう。 釜無ホテイアツモリソウ、クリンソウなどを見ながら、グルっと回っていくと、ありましたよ!! 。
期待していた「キバナアツモロソウ」が、ちょうど満開で、その愛らしい、誇らしげな姿で、10株以上まとまって咲いていました。
前回は、時期が遅くてお目にかかれませんでしたが、今回はラッキー。




 公衆トイレを過ぎて、入笠山への登山道わきには、多くの「クリンソウ」や、「マムシグサ」、さらに、「ミツバツチグリ」や「ウマノアシガタ」も。
 更に、かわいい形の「ツマトリソウ」が、迎えてくれます。




 そして、 「入笠山山頂」へ。

 早速、待望の 「鍋料理」です。 鶴田さんの奥様が具材の仕込みをしてくれました。 金沢の『まつやのとり野菜みそ』 です。

 まずは、特製味噌を水に溶いて、野菜などを入れて、煮込みます。




 これが煮えたら、鶏肉を入れます。




   
じっくりと煮込んで、『まつやのとり野菜みそ』の完成です。



 美味しく頂いた後、残りの汁に麺を入れて、これも完食。ごちそうさまでした。
 
 山頂は大勢の人で溢れていたが、お年寄りのグループも多い。下りはゆっくりと歩いて、 「大阿原湿原」に向かう。
しかし、ここは、湿原の老年期!?にあり、湿原は白樺などの木々で埋まっている。
 林道を帰路に就く。途中に、展望台があり、 「八ヶ岳連峰」がまさに、一望できた。雲も取れて、きれいに見渡せた。



 林道を経て、再度、入笠湿原に行く中で、「ミヤマキケマン」の花が残っていた。そして、 「ベニバナイチヤクソウ」を発見。



 再び、入笠湿原に入り、スズラン畑の中の木道階段を上がる。
 ここには、一面に咲く 「日本スズラン」が、なんともかわいい。その仄かな香りも漂っている。
また、黄色に彩られたところには、 「ウマノアシガタ」の群落があり、湿原の斜面を覆っている。







スズランの中に、 「オオアマドコロ」 が、立ち上がって咲いている。



 ゴンドラ山頂駅に着いて、さて、ソフトクリームを食べよう!!と、テラスレストランに行ったら、おば様達の長蛇の列。 諦めてそそくさと下山。
 
 近くの日帰り温泉 「水神の湯」へ。ちょうど、団体客が帰ったところらしく、ゆっくりと汗を流してから、帰路につく。ほぼ予定の時間の18時頃に八王子に着く。
  
 今年も、皆、元気で再会し、楽しい山旅を過ごすことが出来た。次回は紅葉の時期に。
 皆、これからも健康的な生活を心がけて、体力の維持に努めましょう。
ありがとうございました。



ツツジの山 甘利山2018/06/09 09:17


甘利山 (1731m)

  6月8日(金)  天候: 晴れ、   メンバー:二人

 関東・甲信地方も梅雨入りしたが、晴れ間が出るということで、太り気味の夫婦でハイキングへ。
 でも、そんなに歩きたく無い、と言うので、結婚前に行った甘利山へ。この時は「スズラン」を見に行ったのを覚えている。

 さて、前の晩に決めて、明日は7時に出発と言ったのに、いつものことながら、8時前の出発となる。

 登山口の駐車場に着いてびっくり。満車かと思ったが、奥のほうに停めることが出来た。遠方からの登山者も多い。

 今はちょうど、ツツジが満開で、登山口から山頂まで、躑躅のピンク・ムラサキ・うす黄色などの花で着飾っている。 そして、登山道の脇には、いろいろな山草が待ち受けてくれる。



山行ルート 
 車で、標高1650mほどまで、ガンガン上ってしまう。なので、登山とは言えないかな。




マイヅルソウの群落




ウマノアシガタ




オオヤマフスマ






山頂までツツジが一面に




サラサドウダン (別名、フウリンツツジ)  
  大きな木から花が沢山、釣る下がっている。まさに風鈴。



シロバナノヘビイチゴ




下山開始  奥甘利山頂で昼食。 足元に注意して!下山



スズラン  少しだけ残って咲いていましたよ



富士山と松と躑躅    甲府盆地の先に富士山



 下山後は、武田乃郷 白山温泉(600円)で、汗を流してから、16時前には帰宅。
 梅雨の晴れ間に、山歩きの楽しさ・自然の美しさを、十分に堪能できました。
 カメラを忘れて、スマフォで撮影。忘れ物といえば、水筒に水を入れ忘れ、前回の高尾山の残りでトン汁を「1杯」のみ。また、コーヒーなども忘れていて(あっても、水が無いから飲めなかったが)、ちょっと反省が必要、と言うか、頭の認知機能を鍛えなければいけない。




高尾山で花巡り2018/05/12 13:03


5月11日(金) 晴れ

 朝、目が覚めて、天気も良いことだし、高尾山の花を見に行こうと言う事になって、二人で出掛けた。
 以前、仲間と行った 「大垂峠」から、城山を経由して、日影バス停へ行くルートで、花を愛でながら、ゆっくり行こうと思った。
 高尾山口駅から、タクシーで 「大垂峠」へ行こうとしたが、駅前にタクシーは居ない。電話で呼ぶんだと聞いて、電話をしたが、今、高尾方面には車が無いと断られた。仕方ないので、ケーブルカーで行くことに。

 急いでケーブルカーに乗り込んだら、例の木に セッコク の白い花が見えた。 (写真をクリックして拡大すると見える?)



 高尾山頂下から南面を巻いて行く。このルートは、 ガクウツギが沢山咲いていて、その香りの強さに驚いた。マルバウツギも多いが、こちらは香りが無い。
 いずれも、スマフォのカメラで撮ったもので、フォーカスが甘い!
 




 次は、 ハンショウヅル。  先行の女性が教えてくれて、今日はこの花が目当てで、出掛けてきたとか。 かわいい花である。
 


次の ツレサギソウ も、先行する叔父さんが、楽しみに見にきたそうだが、まだ、蕾であった。



次は ホタルカズラ で、家内の友人から紹介があった花。
1cm強の小さい花で、中の花芯が星形をしている。たまたま、見つけたもので、家内も喜んでいた。



次は、かなり珍しいものだと先行者に教えてもらった 緑のエビネ 





次は、 キンラン 沢山咲いていました。




次は、やっと、初めて巡り合えた一輪だけの ギンラン



 今回は、家内とゆっくりと花巡りをしてきた。
上記の他にも、一人静、二人静の花や、マムシグサ、黄色のハナニガナ、チゴユリ、いろいろな種類のスミレなど、多くの花々にも会えた。

 昼食は、城山の 「なめこ汁」と コンビニで買ったおにぎり・パンを食べながら、富士山を松の木越しに眺め、美味しく戴きました。
 城山茶屋下の南面は、遠足に来た大勢の小学生の楽しそうな声が聞こえた。
 下山路は、林道ではなく尾根道へ。ここにも キンラン が所々に咲いていた。
 途中、登ってくる人から、少し前に、イノシシに遭ったと聞かされた。また、急に叫んで後ずさりした家内の足元を、7,80cmの蛇が横切って行った。
・・・・・イノシシの足跡を見つけて、周りに注意しながら下山。 




 今日は、家を出たのが、8時15分頃で、帰宅は2時半頃。天気も良く、汗をかいたので、そのまま、近くの日帰り温泉に直行。
かくして、皐月の1日は過ぎたのであった。満足。



景信・高尾トレーニング2018/04/20 17:05


4月20日(金) 晴れ

 雨上がりの2日目で、天気も良いのでトレーニングに。
 また、遠藤さんからの 「クマガイソウ」 の情報を戴いたので、できればそれに会いたいと思って出発。

 今日は、小仏行きバスは増発で2台。小仏バス停で、スマフォのトレース・ログを設定してスタート。暑くなりそうなので半袖。

 快調に景信山頂へ。晴れているが、展望は良くない。いつもと同じような時間で城山山頂に着く。次の一丁平を経て、「クマガイソウ」に会いに行く。
 以前、遠藤さんに教えてもらった場所に行くと、2人の先行者が撮影中。終わるのを待って、撮影開始したが、スマフォのカメラの使い方が良くないのか、ピントがいまいち。
 咲いているところには、表札もあるので、芽が出る頃にも踏まれないで
いられる。これからも、保護して、いつまでも元気でいてほしい。 





これは、先週のトレーニング時の 「チゴユリ」 
 1輪だけ、そっと咲いていた。




これも先週の 「イロハモミジの花」 
 今日は、葉が開いていて、モミジの花だったと分かった。



 今日は、もみじ台も高尾山頂も、小学生や幼稚園児などの団体さんのお弁当の花が一杯開いて賑わっていました。それにしても、通り抜けるのも大変なほど。 トイレも混んでいたようです。

 景信山経由の12Kmほどの山行では、体重減にはならないようです。
でも、維持には効果があるのか? まあ、続けましょう。



景信・高尾トレーニングと温泉2018/04/12 19:37

テンナンショウ??


4月10日(火) 晴れ

 高尾山ショートのトレーニングに行ってきた。今日は帰りに、高尾山口の日帰り温泉に入ることにして、着替えなどもザックに入れて出発。



山行ログ(スマフォ)



それにしても、今年の春の訪れは早くて、山桜も散り始め、八重桜が満開となり、キブシも小さな花をたわわにつけている。
 登山道の脇にも、ニリンソウ、テンナンショウ、イカリソウ、ミツバツツジなどが、次々と咲き始めた。
*天南星(テンナンショウ)と、マムシグサと区別がつかない。



ニリンソウ





景信山山頂の桜と馬酔木





イカリソウ  一丁平の下に多く咲いていた。





下山後の参道に咲くツツジ





 さて、下山後に、駅の前で、ストックと靴を洗って、「高尾山の湯」へ行く。 入浴料は、1,000円。 ザックを入れるロッカーが別にあるのは、京王電鉄の影響??。
極楽の湯の系列だが、多摩センターの極楽湯と違って、 炭酸の湯舟がある。ここは、外にあるので、岩風呂の奥の景色が良い。
 ゆっくりと、一時間半ほど、浸かってきた。
 汗をかいた服から、着替えたので、気分良く、電車に乗って帰宅。
 これくらいのトレーニングでは、体重に変化なし。内臓脂肪は減らない!!