紅葉の高尾だが足が・・・2018/11/13 08:15


山行記録   景信ー高尾トレーニング

 11月11日(日)   曇り(予報は晴れだった)

 久しぶりに景信・高尾のトレーニングに行ってきた。
 紅葉の時期で日曜日なので混雑すると思ったが、最近の運動不足を少しでも補いたいし、天気予報も明日からは、また良くないので、行くなら今日。
 
 しかし、高尾駅のバス停に着いたら、驚愕の大混雑状態。延々と登山者が並んでいる。これでは、いつ、バスに乗れるか判らない。
バスは諦めて、再度次の電車に乗って高尾山口駅へ。いつものコースを逆に辿ることにした。
 小仏バス停の時刻表を調べたら、それなりに本数はある。OK 。


トレース ログ
 




 ケーブルカー乗り場はそれほどの行列でもない。脇を通過して、清滝登山口へ。登山道は少し渋滞している。それでも追い越しが出来るところでは、前に、前に。

 紅葉は全体的には見頃であるが、場所により、紅葉色付き・落葉といろいろ。 途中・途中の広場では、お弁当を食べたり、お酒で乾杯、とか、それぞれが楽しんでいる。





そして、秋の花、野菊の代表。  ノコンギク



狂い咲きか    ??スミレ




 景信山のいつもの東屋で昼食。 富士山は低い雲の中。餅つきをしているグループもいて賑やか。

 そして、小仏バス停の12:40発に間に合う様に、余裕を見て1時間前に出た。 いつもの登りの東南尾根コースと違う ヤゴ沢コースを下山。  快調に下って、小仏の駐車場に着いたら、ここも車があふれて林道までも10台ほど駐車している有り様。
 林道を下り始めたら、下から、消防オートバイ・救急車・パトカー・消防車など10台ほどが次々に上ってきた。上で何か事故でもあったのか。

 そして、その先の住宅が見えた辺りで、急に両足の太ももが痛み出した。攣りそうだ!!   この足の急変はなんなんだ。急に筋肉へのエネルギーが尽きた感じ。 5分程休んで歩き出したが、バス停前の50m程前で、また、痙攣!!。 両足なので歩けない。痛みを堪えゆっくりと歩き、最後の10m程は後ろ向きで歩いて、やっと、バス停の看板前に辿り着いた。 5分程で回復したが、やれやれ。 加齢か、運動不足か、水不足か、要注意。




秋の金時山2018/11/04 20:45


箱根の紅葉旅(11月1-2日)  

11月1日(木) 晴れ

山行記録    天下の秀峰 金時山
   7時前に自宅を出て、9時過ぎには、足柄峠を経て、金時山の登山口に着いた。駐車場には、5,6台の先着有り。
 今回は、金時山への最短登山コース。以前にも家内と、金時神社から登ったことがあり、2回目である。

 トレースは、ガーミンのランニングウォッチからのGPSデータで作成



 
 この登山道は、林道のような広い道(車も通れる)を進み、最後は階段や梯子などを頼りに、一気に山頂まで登り詰める。
約1時間強で山頂へ。


 山は秋の気配。 林道には トリカブトの花が多い。



可憐な リンドウの花  を見ながらゆっくりと慎重に登る。



金時山頂につく頃には、富士山の周りの雲も薄れてきた。



ゆっくりと昼食をとり、有料のトイレを借りてから、いざ、下山。

かわいい金太郎さんの案内標識


日が差して、紅葉が映える。


リンドウも、日を浴びて、花が開いてきた。



テンナンショウの赤い実 が 一人で、富士山を眺めている。



 無事に下山して、まだ、時間が早かったので、 途中、何年か前に訪れた 長安寺の五百羅漢さんに、また、会いに行った。
 そして、強羅温泉の宿へ。 いつもながらの良い温泉に、嗚呼・・と。



11月2日(金) 晴れのち曇り

 以前から、一度は乗ってみたいと思っていた、芦ノ湖の海賊船へ乗船。奮発して特等席へ。
 以外に乗船者が多い。それも、小・中学生の団体はわかるが、外国の人が多いのだ。 



 帰路は、山中湖経由で、いつもの雑貨屋に寄る。
ここで、いろいろ、見たり、買ったりするのが、奥様の楽しみの一つ!!
 帰路の道志道は、先の台風で、道が塞がれて、津久井湖へは出られずに、相模湖ICから八王子へ迂回。お疲れ様。





景信山ー高尾山2018/10/25 17:11


山行記録 景信山ー高尾山

10月25日(木) 晴れ

 メンバー    渡邊 保田

 最近は、山でのトレーニングもご無沙汰しており、体力が心配になっていたが、晴れの天気予報を見て、行くことにした。

 高尾駅北口の小仏行きのバス停に並んだら、なんと、渡邊さんに会って、6月に入笠山に同行して以来の再開で、今日の行先・ルートも同じだったので、一緒に行くことになった。
 バスは、増発した2台で出発。これからは、だんだんと紅葉目当ての登山客が増えてくる季節を迎える。

ルートのトレース 小仏バス停~高尾山口駅



 この時期は、秋も走りで、花の種類は少なめ??

 まずは、彩鮮やかな アザミ がお出迎え。


 黄色のヤクシソウ と アキノキリンソウ がたくさん咲いていた。

 シロヨメナも盛り。




 景信山頂の カエデ も一部だが、紅葉が始まっていた。
 



 城山を過ぎると、 もやもやっとした花の サラシナショウマ そして
白い小さな花の センブリ が、数多く咲いていた。






 いつもの もみじ台 で昼食。 
 コーヒーの後の 至福のいっぷくを難なく?こらえて、禁煙を継続。
 
 ここには、いつも観察している カエデの実が、一月前よりも更に赤くなって、風で飛び立つ日を待っている。




 その後も順調に歩を進めて、小学生などで埋め尽くされた 高尾山頂を通過して、 一路、稲荷山コースを無事に下山。 

 渡邊さんとは、来月には、また、鶴田グループでの紅葉ハイキングで再開することで、お別れ。お疲れ様。

 


晴れ間を縫って景信トレーニング2018/09/24 17:57


9月23日(日) 曇り時々晴れ

 このところも天気の悪い日が多い。今日も3連休の中日であるが、雨の合間に出かけた。天気予報に反して曇りがちの天気であった。

 小仏行きの一番バスであるが、満員の登山者を載せて高尾を出発。

 今回は、カメラのホルダーを購入したので、その試用も目的の一つである。最近は、スマフォのカメラを使うことが多かったので、久しぶりの出番である。
 これまでは、カメラケースの裏側に切り込みを入れてベルトを通して腰に付けていたが、ケースが破れてきた。最近は、ザックにカメラホルダーを付けたりしている人も見かけるようになった。ネットで調べてみるといろいろなホルダーが販売されている。 少々値が張るが、ザック用と腰ベルト用の両方に使えるカメラホルダーを購入。


景信山の登山口先に 「キバナノアキギリ」・・秋に咲く桐の葉に似る
この花もあちこちによく見る花である。


冬の季節には、氷(霜)の花が咲いてきれいな 「シモバシラ」 も
この時期には、白い小さな花が咲きます。


先月も登山口で見た 「ヤマジノホトトギス」 だが、今日はだいぶ上の方で咲いていた。


今日も小仏峠の上の方で見つけた 「シュウカイドウ」 


これもあちこちで見る花。 「ツリフネソウ」


「ヤマボウシ」 の赤い実もだいぶ熟れてきて、甘いのだが、なんと言っても種が多いのが欠点かな。


いつも昼食をとる もみじ台 にある 「カエデ」 だが、種に赤い羽ができて、今にも飛び出しそう。



 秋の花の写真を撮りながら、カメラホルダーの使い勝手を試したが、なかなか良いと思う。ただし、カメラのモニターが上側になるので、なにか、ゴミ除けのカバーがあると良いと思った。急な雨や草木の露などからも防水できるようにしたい。検討しよう。



高尾山も秋めく2018/09/11 10:31



 暑さにかまけていると、身体は鈍ってくる。このままでは、ちと、拙いと
トレーニングに出かけた。

 下界では、暑い日が続いているが、しかし、
高尾山の花々は、もう、秋の気配。


A. 8月31日(金) 晴れ
 景信山から高尾山のトレーニング。 
 小仏バス停への一番バスだが、年寄で混んでいる。 私のその内の
一人か。 

景信山登山口の先には、 「ヤマホトトギス」がお出迎え。
 まだ、咲き初めで、少し登ると、まだ、蕾の状態が多い。

9/23 訂正 この花は、 「ヤマジノホトトギス」 と思われる。
  花序に花がついていなくて、葉腋に花が咲いている。



景信山の山頂では、 「マツムシソウ」が、お疲れさん!と迎えてくれる。

城山への途中には、 「センニンソウ」 が咲き誇っている。
 白い花がいっぱい群れて咲いている。

景信山トレーニング・トレース




B. 9月9日(日) 晴れ時々曇り
 少し距離を伸ばして、陣馬山から高尾山までのトレーニング
 陣馬高原下行の朝一番の急行バスは、ほぼ、満車状態。夜には、
雨が降ったので、ところどころに、水溜まりもあり、滑るので注意!

小仏峠の 「シュウカイドウ」 

一丁平の 「ヤマボウシ」の赤い実。
 食べてみると、甘いが、種が大きい。


陣場山トレーニング・トレース


 日野の方も、今朝は、涼しくなった。
今週も秋雨前線の影響か、晴れ間が望めないようだ。そろそろ、秋の気配が近づいてきたか。