奥穂高と屏風の耳2017/09/08 15:57

山行記録 2017.9.3 奥穂・屏風


9月3日~7日  
夏山山行    メンバー: 山崎、遠藤、保田

 恒例の夏山山行であるが、天候が安定せずに、7月から延期をしてきて、やっと、この日程での実行であった。



概略日程
1日目 晴れ時々曇り
  八王子を6時半頃に出発し、「坂巻温泉」に車を置いて、バスで上高地に入る。昼食後に山行開始。3時間ほどで「横尾山荘」に着き、宿泊。

2日目 曇りのち晴れ
  6時前に横尾を出発して、3時間ほどで「涸沢小屋」へ。荷を軽くして、パロラマコースを経て、「屏風の耳」へ。展望を楽しんだ後に涸沢小屋へ。宿泊。

3日目 快晴
  涸沢小屋から、ザイテングラードを経て「穂高岳山荘」へ。一休みして奥穂高登頂。360度の展望を満喫。下山後に涸沢岳をピストンして、涸沢小屋へ。宿泊。

4日目 小雨
  涸沢小屋から、ひたすら歩いて上高地へ下山。タクシーで坂巻温泉へ入り、宿泊。

5日目  雨
  8時過ぎに宿を出て、昼頃には日野へ。昼食後に解散。



山行記録  (トレースはスマフォにて記録)

9月3日  晴れ時々曇り

合計時間: 2時間43分
合計距離: 11.03km
最高点の標高: 1697m
最低点の標高: 1511m
累積標高(上り): 465m
累積標高(下り): 350m





 河童橋から明神館辺りまでは、観光客も多い。徳沢までくると、ハイキング客がまだ多い。横尾はほぼ登山客のみ。
 横尾山荘は新しくなっていて、とても快適な、まさに、小屋ではなく「山荘」である。



9月4日 午前中は時々曇り、昼からは晴れ

合計時間:    9時間22分
合計距離:    15.26km
最高点の標高: 2494m
最低点の標高: 1620m
累積標高(上り): 1581m
累積標高(下り): 893m





 朝食は5時から。食べ終わるころには、食堂の窓から見える前穂岳がうっすらと色付いてきたので、急いで外に出た。しかし、どうやら、雲が多いのか、赤色は暗くて今一・・・。
 トイレに行って、出てきたら、何と!!素晴らしい「モルゲンロート」に輝いていた。 何枚か撮ったら、また、暗くなってしまった。 2,3分の輝きであった。

モルゲンロートに輝く屏風岩
モルゲンロート 屏風岩




涸沢小屋に着く




 涸沢小屋に寄って、荷物を預けて、いざ!!、屏風の頭へ
 パノラマロードを屏風のコルへ。ここは、確かに名前のようなパノラマの景色は見られるが、足場の悪い箇所が4,5ヶ所。そして、かなり急な登りが続く。
 稜線に出て、昼食をとる。横尾山荘のお弁当で 1,000円。美味かった。





屏風の耳 へのパノラマロードから、涸沢の全景




ミヤマダイモンジソウ が岩場に咲く




 「屏風の耳」 から下山して、涸沢ヒュッテのテラスで、休憩。コーヒーを沸かして、まずは、いっぷく。(^。^)y-.。o○
 ゆっくり休んでから、涸沢小屋に戻る。





9月5日  快晴

合計時間:    7時間31分
合計距離:    9.45km
最高点の標高: 3172m
最低点の標高: 2308m
累積標高(上り): 873m
累積標高(下り): 884m





涸沢カールのモルゲンロート




  50年前ごろの話しになるが、毎年、5月の連休に、一面の雪の中で、一人で涸沢カールにツェルトを張り、奥穂や北穂に登ったのを思い出す。ザイテングラードの脇を、ピッケルを握ってがむしゃらに登ったり、穂高山荘から、一気にグリセードで滑り降りたりと、楽しくもあり、また、危険な目にも遭ったりした。夜は一気に冷える。震えているだけで体力を使い、腹が減った。雪を溶かして食事をした。 など、など・・・

 今日は快晴である。6時前には出発。
 ザイテングラードを落石に注意して登り、穂高岳山荘から奥穂高を目指して岩場を登る。 昔は山荘の先からすぐに、長い梯子を登ったのだが、今は短い梯子に変わっている。
 全体的に、昔よりも安全なコースとなっている感じがする。所々はコンクリで岩を固めてある。
 ゆっくりと楽しみながら、奥穂高の頂に登りつめた。  



奥穂高山頂からの大展望




南アルプスの全景、そして、富士山


 奥穂高山頂からの展望は、これまでの経験上、最高の展望であった。 移動性高気圧の真っただ中、風もほとんど無い。空気の乾いていて、遠望が利く。

 南側の八ヶ岳連峰、富士山、隣に南アルプス連峰、そして、中央アルプス、御岳山、乗鞍に続き、下の方に焼岳と上高地の河童橋。
 さらに、手前には、笠ヶ岳から三俣蓮華、黒部五郎、大きな薬師岳、北アルプスの核心部の水晶・鷲羽、その先に、立山三山と剣。 一段と尖鋭な槍ヶ岳。その右奥には、白馬などの後ろ立山連峰。
更にその奥には、遥かに、妙高・火打・焼岳も。
 手前には、大天井、大きな常念岳と、たおやかに横たわる蝶が岳、と言う様に、まさに360度の大展望を楽しめた。


 奥穂高から下山。穂高岳山荘で昼食。
 まだ時間はたっぷりあった。 涸沢岳 をピストン。登り15分、下り10分と頑張ってみた。

 涸沢岳から見る 奥穂高と前穂高





 涸沢カールの下りは、途中からパノラマロードに迂回して、高山植物を探していたら、ナナカマドの実が赤く色づいていた。
ここは、紅葉の時期には素晴らしいところだ。



チングルマがまだ咲いていた。その脇には、すでに綿毛のチングルマもある。





ナナカマドの実は、もう大分色付いていました。多くの人が待ち望んでいる、一面の紅葉は、今月末ぐらいでしょうか。







 涸沢小屋には、コースの最後をショートカットして、テラスの下の雪田を登って行く。テラスから遠藤さんが「良いことがあるから、早く来て」と声をかけてきた。 着いたら、テラスには、あの 百名山一筆書き・グレートトラバースで有名になった「田中陽希」さんがいたのである。
 ちょっと、話してから、一緒に写真を撮らせもらった。記念になった。





9月6日  小雨

合計時間:    5時間58分
合計距離:    17.47km
最高点の標高: 2379m
最低点の標高: 1512m
累積標高(上り): 573m
累積標高(下り): 1389m





 小雨の中を傘を差してひたすら歩く。
 徳沢園で昼食に、月見うどん(800円)を食べて、明神館でコーヒーを飲んで、雨の道中を楽しめた。
 上高地でコートを脱いで着替え。 タクシーで坂巻温泉へ。
 13時頃に着いたが、快く良く迎えて頂き、早速、温泉に浸かる。あ~あ、大腿四頭筋が喜んでいる~~。 

 夕食で、無事下山を祝して乾杯。
今回の山行も、皆、それぞれが、歳?相応なペースとスタイルで、山旅を楽しむことが出来た。 大満足の夏山山行でした。







久しぶりの景信トレーニング2017/08/26 10:02



8月25日(金) 晴れ時々曇り

 このところ雨天が多くて、不安定な天候が続いていたが、今朝は、久しぶりにすっきりと富士山が見えたので、高尾にトレーニングに行くことにした。

 小仏行きのバスは余裕で座れた。 今日は、猛暑との天気予報なので、シニアも登山は控えているのか。 やはり、注意は必要だが。

 久しぶりなので、スピードは控えめに登る。雨が多かったせいか、キノコ類が色とりどりに目に入る。 また、秋の草花も見られる。







城山の彼岸花




これは、 仙人草 の様です。




 汗だくで景信山頂へ。人影はまばら。そして、小仏峠を過ぎて城山へ。 「カキ氷」の旗がひらめく。 ⇒思わず注文(300円)。 美味しかった。





 高尾山のルートは、日向の処はなくて、ほとんどが木陰であり、風が少しあるので、暑さはほとんど感じなかったが、稲荷の展望台から下は、やはり暑くて汗が噴き出す。  久しぶりのトレーニングであったが、そこそこのタイムで歩けた。



トレースはスマフォにて
  トレースの精度は、前のスマフォよりは格段に良い。
≪最近は、「みちびき衛星」の2号機の情報も受信できるようだが、私のスマフォで活用できているかは不明≫  

月下美人咲く2017/08/21 16:17


8月20日(日) 曇り

 兄から貰って、4年目になる 「月下美人」 だが、今年は花芽が多く、期待していたら、昨夕に咲きました。
 ちょうど、家族でバーベキューをテラスでして、飲み食いをしたところでした。
片づけを済ませる8時前には、少し、花が開きかけました。
 
 幻想的な花の姿とその香りと言い、また、一夕の命の儚さと言い、まことに
心に残る花です。

 
今年は、花芽が7個もありました。
咲いてきましたね。
  (和征がスマフォで撮る)


 手前の白い雌蕊と 後ろの黄色い雄蕊 
   (友克がスマフォで撮る)



 朝にはもう萎んでしまします。香りも残っていません。



まら、来年も期待できそう。


麦草峠から高見石2017/06/21 17:05





6月20日(火) 晴れ

 メンバー   鶴田、太田、渡辺、保田



 先月から計画をして天候待ちで延期していた 「高見石」 への山行が実現。

 朝6時半前に八王子を出発。途中に買い物などをして、麦草峠の駐車場には9時ごろについたが、駐車場は7割方埋まっていた。

 早速、支度をして出発。麦草ヒュッテの先から、白駒池を目指す。森の中の 苔 は、乾燥気味で、緑の絨毯は見れなかった。
 でも、コミヤマカタバミ、コイワカガミ、コマノツメ草 などは、見れた。



≪コミヤマカタバミ≫









 白駒池では、JR東日本 大人の休日倶楽部「白駒の池編」のCMで、吉永小百合が佇んだ 、と言うロケ地で我々もポーズ、パチリと一枚。

 さて、その先から、高見石小屋までは本格登山。ひと汗かいて、11時前には、小屋に到着。
 日陰に陣取り、まずは、ビールで乾杯してから、昼食に入る。 トン汁をメインに、持ち寄った数々のおつまみから、最後のデザートまで、すべて腹に収めた。

 1時間半ほどの小宴会を終えて、 「高見石展望台」  へと岩場を登る。
 遠望は利かないが、近くの北八ヶ岳の蓼科山・縞枯山、などから、その西側に北アルプスの雪山、そして、美ヶ原 などが、展望できた。特に、白駒池を上から眺めるのは気分も良い。  





 展望台から、岩場を慎重に小屋まで下りて、次の 丸山  を越えて、急な下りをゆっくりと辿り、麦草ヒュッテに無事下山。  名物の コケモモジュース で乾杯!!  帰りは、縄文の湯 で汗を流し、無事、八王子へ。
 楽しい山行でした。 お疲れさまでした。   

コースタイム

 麦草峠 駐車場09:13ーー09:14麦草ヒュッテ09:15ーー09:30白駒の奥庭09:32ーー09:45白駒の池 駐車場09:46ーー09:57白駒の池ーー10:00白駒荘10:16ーー10:55高見石10:57ーー10:59高見石小屋12:23ーー12:24高見石12:45ーー12:49高見石小屋12:53ーー13:17丸山13:27ーー14:28麦草ヒュッテ



 今回のルートトレース地図  (スマフォ記録)

出発時刻/高度: 09:08 / 2119m
到着時刻/高度: 14:33 / 2135m
合計時間: 5時間24分
合計距離: 6.31km
最高点の標高: 2322m
最低点の標高: 2101m
累積標高(上り): 244m
累積標高(下り): 214m






高尾ロングトレーニング ログ比較2017/06/03 15:39



6月3日(土) 晴れ

 陣馬山から高尾山のトレーニングで、最近購入したスマフォの 「GPSなどの位置精度」 を確認する。
 次の様なログが取れたので、 ガーミンウォッチのログと比較した。

 結果的には、以前のスマフォより、格段に位置精度は良い。
今日は 「みちびき」 の航路は仰角が低くて補助には使えていないので、ガーミンウォッチのログも精度はあまり良くない。
 次は、「みちびき」が頂点天空にある時のログ比較もしてみたい。

 

スマフォ(山と高原地図)のトレース地図





ガーミンウォッチのトレース地図





詳細データの比較
 上段がスマフォ(山と高原地図)、下段がガーミンウォッチの データ
★合計距離が スマフォ(山と高原地図)の方が、 1Kmほど長い。  また、累積標高も 100mほど多い。

出発時刻/高度: 07:28 / 355m
到着時刻/高度: 12:43 / 226m
合計時間: 5時間14分
合計距離: 18.56km
最高点の標高: 843m
最低点の標高: 217m
累積標高(上り): 1124m
累積標高(下り): 1250m


出発時刻/高度: 07:30 / 354m
到着時刻/高度: 12:44 / 216m
合計時間: 5時間14分
合計距離: 17.6km
最高点の標高: 844m
最低点の標高: 216m
累積標高(上り): 1030m
累積標高(下り): 1160m